ネピア > コラム > 手作り小物とお料理 > 春を感じるこの季節、旬の短い野草を食べましょう!
はじめての予防接種安心ガイド
赤ちゃんの病気豆知識  
おむつ替え How To レッスン  
ベビーの肌着  
赤ちゃん学 おしり講座!  
おむつ&おしりの
お役立ち情報局
 
成長まるわかり
育児カレンダー
 
手作り小物とお料理  
絵本の時間の心とカラダにやさしいレシピ  
リメイク&アレンジレシピ集  
こよみdeつくる+あそぶ  
はじめてママのつくる時間  
ママと赤ちゃんの
簡単レシピ
 
個人情報保護方針  

関口絢子のプラチナ世代の
フードセラピーキッチン
快適スパイス

ネピア ティッシュ
紙おむつ ネピア GENKI!  
介護おむつ ネピアテンダー うららか日和  
  TOPへ
春を感じるこの季節、旬の短い野草を食べましょう!

だんだん日差しが春めいてきたら、野草が芽吹く季節。
栽培された野菜と違って野草の旬は短く、新鮮なものはこの季節にしか食べらません。この時期が来ると一度は口にしたくなるのは、特徴のある風味が懐かしい思い出と結びつくからでしょうか。

日本人にとって野草は、昔から馴染み深いものでした。
平安時代、季節の節目を祝う行事にのひとつに上巳(じょうし)の節句がありました。現代の桃の節句(ひな祭)の原型とされています。この日、人々は野山で薬草を摘み、摘んだ薬草で体の穢れを祓い厄除と健康を願っていたそうです。

桃の節句といえば草餅。
現在、一般的に草餅に使用される野草はヨモギですが、かつては春の七草のオギョウ(ゴギョウ)として知られる母子草を使用していたそうです。ヨモギに変化した理由には「母と子を杵で搗くのは縁起が悪いから」「ヨモギのほうが色がきれいだから」など諸説あるようです。

ヨモギは、草餅だけでなく混ぜご飯、お味噌汁、天ぷら、パン、煎じてお茶にまで幅広く料理に活用できます。
旬の新鮮な生葉で作ったものは味・香りなど特に格別ですが、保存にも適する野草でもあります。

余ったら、茹でて刻み冷凍したり、生葉のまま乾燥させたりして保存しましょう。冷凍する時、小分けにしておくと、さっと取り出せて便利です。
乾燥保存には保存するスペースが多く必要ですが、押し花のように重しをして乾燥させるとかさばらず、省スペースで保存できて便利です。
新聞紙とヨモギの間にネピア・インザキッチン キッチンペーパーを挟んで重しをすると、衛生的でいいですね。

桃の節句にもいただく草餅
桃の節句にもいただく草餅

ヨモギを使った調理例 - 右上から時計回りに、天ぷら、お味噌汁、混ぜご飯、お茶、パン
ヨモギを使った調理例
右上から時計回りに、天ぷら、お味噌汁、混ぜご飯、
お茶、パン

旬の時期のヨモギを冷凍保存しておくと、使いたいときに使えます。使う分ずつ刻んで小分けしておくと便利です。 押し花のように重しをして乾燥させると、保存スペースが少なくなります。乾燥の際、キッチンペーパーで挟むと衛生的です。
旬の時期のヨモギを冷凍保存しておくと、使いたいときに使えます。使う分ずつ刻んで小分けしておくと便利です。 押し花のように重しをして乾燥させると、保存スペースが少なくなります。乾燥の際、キッチンペーパーで挟むと衛生的です。

ネピア・インザキッチン キッチンペーパー
ネピア・インザキッチン キッチンペーパー


ヨモギの水分をしっかり絞る 草餅の材料 10コ分
新鮮な生葉のヨモギを使った草餅は、味・香りが良く色も鮮やかですが、ベトついた餅に仕上がってしまうことも。歯ごたえのいい餅に仕上げるにはヨモギの水分をしっかり絞ることが大切。手で絞っただけではなかなか絞りきれないので、清潔なさらしなどを使用し水切りしましょう。
ヨモギの水分をしっかり絞る右が絞る前、左が絞った後、左上は絞ってでた水分
下写真:右が絞る前、左が絞った後、左上は絞ってでた水分
A     小豆 1/2カップ
適量
てんさい糖 1/3カップ
少々
B     ヨモギ 100g
重曹 少々
C     上新粉 150g
白玉粉 50g
適量

草餅の作り方
1. 材料Aで小豆餡を作ります。
小豆とたっぷりの水を鍋にいれ、火にかけます。
小豆が柔らかくなるまで常に小豆の上に水がかぶる状態で茹でます。
小豆が手で簡単につぶれるくらいに柔らかくなったら、焦がさないよう気をつけながら水分を飛ばします。
てんさい糖と塩を味をみながら加えて、さらに水分を飛ばします。餡は冷めると固くなるので、少し柔らかめに仕上げ、火を止めます。
材料Aで小豆餡を作ります。
   
2. 材料Bでヨモギの下ごしらえをします。
ヨモギをよく洗い汚れを落とします。
大鍋に湯を沸かして重曹少々を加え、ヨモギを茹でます。
水にさらして、軽く水分を絞り、細かく刻みます。
清潔なさらしを使用してよく水分を絞った後、さらにすり鉢で細かくすり潰します。
材料Bでヨモギの下ごしらえをします。
   
3. 材料Cで餅を作ります。
上新粉と白玉粉をボールに入れて混ぜておきます。
湯を少しずつ加えて、耳たぶくらいの硬さにまとめます。
蒸し器を準備します。まとめた生地を三等分にし俵型にまるめて蒸し器に入れ、強火で30分ほど蒸します。
蒸しあがったら、すり鉢の中に出して、すりこぎでよく搗きます。
材料Cで餅を作ります。
   
4. “3”の餅に、“1”の小豆餡をつめます。
“2”のヨモギを少しずつ加え入れ均等に混ぜ、餅を10等分にして丸めます。その際、餅が手につかないように、水で手を濡らすか、ラップを利用します。
小豆餡を適量スプーンですくい俵型に平たくのばした餅の中央にのせます。餅で餡を包み、完成。
“3”の餅に、“1”の小豆餡をつめます。
    レシピとサンプル制作:mican
※身近に目にするヨモギですが、正しい知識が必要ですので、むやみに摘んだりしないでください。
クイズに答えて抽選でネピア製品をプレゼント
 
 

▲ PAGE TOP