FSC®マークは、責任ある森林管理の証です。森林が存在し続け継続的に森林資源が供給できること、野生生物やその生息地などの環境を守っていること、地域社会に貢献していること、などが厳格な審査で確認されます。そこから出された木材を使った製品であるかどうかも厳格な審査で確認され、このマークを付けて消費者に届けます。このマークの付いた製品を選ぶという一見些細な消費者の行動が、責任ある森林管理を推し進めるのです。法律だけでは止まらない破壊的な森林伐採が横行するなか、多くの関係者が一体となり、この新たな取り組み「FSC森林認証制度」を考え出し、各国で多くの方が実践しています。メーカーの方と流通の方がつながり、一般消費者の理解が進み、このマークが日々の暮らしの商品選びの「選択基準」として当たり前のものとなる日が来ることを期待してやみません。皆様のご協力を切にお願いいたします。森林保全へ向けては実践あるのみ。「“FSC®マーク”のついたネピアありますか?と言おう。」