ネピア > コラム > はじめてママのつくる時間 > 2005年11月 冬の体をしっかり守る
はじめての予防接種安心ガイド
赤ちゃんの病気豆知識  
おむつ替え How To レッスン  
ベビーの肌着  
赤ちゃん学 おしり講座!  
おむつ&おしりの
お役立ち情報局
 
成長まるわかり
育児カレンダー
 
手作り小物とお料理  
絵本の時間の心とカラダにやさしいレシピ  
リメイク&アレンジレシピ集  
こよみdeつくる+あそぶ  
はじめてママのつくる時間  
ママと赤ちゃんの
簡単レシピ
 
個人情報保護方針  

関口絢子のプラチナ世代の
フードセラピーキッチン
快適スパイス

ネピア ティッシュ
紙おむつ ネピア GENKI!  
介護おむつ ネピアテンダー うららか日和  
はじめてママのつくる時間
冬の体をしっかり守る・・・長ねぎ
長ねぎのグラタン
冬が来ると、だんだん甘みを増して美味しくなる長ねぎ。冬の長ねぎは免疫力を高め、風邪などから体を守る大切な野菜のひとつ。たくさんいただきたいですね。長ねぎの冬の代表料理といえば「鍋」。でも、洋風なお料理にしたい時など鍋ではちょっと和風・・・。そこで、今回ご紹介するのは、長ねぎのグラタン。この季節の長ねぎだからこそ、甘みととろりとした食感を楽しめます。こどもたちに人気のコーンクリームをソースに使い、さらにいただきやすくしました。クリスマスパーティなど、おもてなし料理になりますね。
長ねぎのグラタン
材料 2~3人分
(お子さんの成長に合わせて調整してください)
長ねぎ(太い物)(2本) 木綿豆腐(1丁) 
コーン缶クリームタイプ(120g)、
オリーブオイル(大さじ1) にんにく(1片)
塩、コショウ、パン粉(適量)
(分量は目安です、体調やお好みに合わせて味を整えてください)
材料
つくり方
1. 長ねぎはグラタン皿の大きさに合わせてカットします。
2. フライパンにオリーブオイルを入れ、みじん切りにしたにんにくを炒めます。
香りが出てきたら長ねぎを入れ、少し焦げ目がつく程度に炒めて、塩、コショウ(適量)で下味をつけます。
3. ボールにコーン缶、木綿豆腐1/2丁を入れ、よく混ぜ合わせ、塩、コショウ(適量)で味を整えます。
4. グラタン皿に2を並べ3を上から全体にかけます。
5. 木綿豆腐1/2を食べやすい大きさに手でちぎりながら、長ねぎの間に挟むように入れ、パン粉をちらします。
6. 180℃のオーブンで約15分焼き、完成。
お子さんの成長に合わせ、必要があれば細かく刻んだネギでお作りください。
つくり方
長ねぎを使って、もう1品
材料(2~3人分): 長ねぎのグラタン(適量)、春巻きの皮(2~3枚)、油(適量) (体調やお好みに合わせて味を整えてください)
長ねぎのグラタンを春巻の皮で包んで、フライパンに多めに油を引き、こんがりと焼きます。とろ~りジューシーな変り春巻の完成。
蓮根おやき
先生のプロフィール
上由美子先生 上由美子先生

永年、環境NGOで活動。食の運動を通して、食べ物の大切さを実感する。
自身の病気をきっかけに、7年前、「マクロビオティック料理」と出会う。
リマ・クッキング・スクール師範科卒業。
食のイベントや季節の食事会、ケータリングなど、活動の場を拡げている。
「マクロビオティック料理研究会 」 主宰。
BACK
はじめてママのつくる時間
 
 
 
▲ページのトップへ

▲ PAGE TOP