ネピア > コラム > はじめてママのつくる時間 > 2006年2月 五感で春を満喫・・・春野菜
はじめての予防接種安心ガイド
赤ちゃんの病気豆知識  
おむつ替え How To レッスン  
ベビーの肌着  
赤ちゃん学 おしり講座!  
おむつ&おしりの
お役立ち情報局
 
成長まるわかり
育児カレンダー
 
手作り小物とお料理  
絵本の時間の心とカラダにやさしいレシピ  
リメイク&アレンジレシピ集  
こよみdeつくる+あそぶ  
はじめてママのつくる時間  
ママと赤ちゃんの
簡単レシピ
 
個人情報保護方針  

関口絢子のプラチナ世代の
フードセラピーキッチン
快適スパイス

ネピア ティッシュ
紙おむつ ネピア GENKI!  
介護おむつ ネピアテンダー うららか日和  
はじめてママのつくる時間
五感で春を満喫・・・春野菜
春野菜
お家の周りの木々を眺めれば、木の芽が今にも吹き出しそうで、すっかり春の準備が整っている様子。そんな春の訪れをこどもたちにも繊細に感じさせてあげたいですね。そして、少しずつ活動的な体にする準備をしてあげましょう。
今回ご紹介するのは、ずばり春野菜。淡く鮮やかな色彩と、やさしい風味から、こころも体も春の気分にさせてくれます。
ソースには、その特徴を壊さないソフトなものを合わせたいものです。おひな祭りなどでテーブルに並べば、お子さんとの時間もさらに楽しくなりそうですね。
春野菜の雑穀サラダ    
材料 2~3人分
(お子さんの成長に合わせて調整してください)

絹さや(50g)、うど(50g)、芽キャベツ(4コ)、水ボイル用(5カップ)、きび(1/4C その内、ソースに使うのは大さじ2)、水(1カップ)、オリーブオイル(大1)、白ワインビネガー(大1)、レモン汁(小1)、塩、コショウ(適量)
(分量は目安です、体調やお好みに合わせて味を整えてください)

材料
つくり方
1. まず、ソースを作ります。熱湯1カップを沸かし、きびを入れ、中火で焦げ付かないようにかき混ぜながら炊きます。
炊き上がったら、鍋にふたをして10分ほど蒸らします。
2. ボールに1を大さじ2入れて、オリーブオイル、白ワインビネガー、レモン汁、塩、コショウを入れて味を整え、よく混ぜ合わせて、ソースの完成。
3. 絹さやは筋を取ります。鍋に湯を沸かし塩を入れ、絹さや、芽キャベツを1つの鍋で1種類ずつ順番にボイルします。うどは短冊切りにして、冷水にさらします。
4. 茹でた春野菜を食べやすい大きさにカットして、うどはしっかりと水切りして、2で和えて、完成。
つくり方
お子さんの成長に合わせ、必要があればボイル後野菜を細かく刻んでください。
野菜のゆで汁は、たっぷりと野菜のうまみがでていて、おいしいスープになります。
塩、黒コショウで味を整えて、お好みの具を入れてお召し上がりください。
ソースを作るときに多めに炊いたきびを使って、もう一品
材料: 炊いたきび(上で炊いたきびの残り) いり白ごま、黒ごま、塩(適量)(体調やお好みに合わせて味を整えてください)
炊いたきびをあたたかい内にあたり棒などでトントンついて、ひとくち大にくるくるまとめて、塩で味を整えた白ごま、黒ごまをまぶせば、きびだんごの完成。きなこやあんで包んでもいいですね。
お手伝いができる年齢のお子さまでしたら 、一緒に作るのも楽しいですね。
きびだんご
先生のプロフィール
上由美子先生 上由美子先生

永年、環境NGOで活動。食の運動を通して、食べ物の大切さを実感する。
自身の病気をきっかけに、7年前、「マクロビオティック料理」と出会う。
リマ・クッキング・スクール師範科卒業。
食のイベントや季節の食事会、ケータリングなど、活動の場を拡げている。
「マクロビオティック料理研究会 」 主宰。
BACK
はじめてママのつくる時間
 
 
 
▲ページのトップへ

▲ PAGE TOP