紙おむつはリサイクルの時代へ!「紙おむつの資源化を考えるシンポジウム」レポート

王子ネピアでは、紙おむつを作るメーカーの責任として、かねてから紙おむつの再資源化について考え、
2015年3月の「第1回/紙おむつの資源化を考えるシンポジウム」をかわきりに、このテーマに向き合ってきています。以下、シンポジウムの様子をレポートします。

ネピアテンダーケア通信 紙おむつリサイクル特集号をダウンロード

第2回/紙おむつの資源化を考えるシンポジウム In 札幌市

紙おむつはリサイクルの時代へ!

第2回シンポジウムは、北海道の要請で主催:王子ネピア株式会社/共催:北海道循環資源利用促進協議会/後援:北海道として開催。道内外の自治体、介護関連施設、ごみ処理関連事業会社の方々など、百数十名の参加者が集まり、熱心に講義を聞き、活発な質問討議などが行われました。

講演テーマ

北海道循環資源利用促進協議会での取組について

北海道大学サスティナビリティ学教育研究センター 准教授
北海道循環資源利用促進協議会
使用済み「紙おむつ」の燃料化WG 座長

辻 宣行 先生

3R政策の推進とリサイクル産業への期待

経済産業省産業技術環境局 リサイクル推進課
課長補佐

酒井 崇行 様

水溶化処理による紙おむつのマテリアルリサイクルについて

公共財団法人 福岡県リサイクル総合研究事業化センター
プロジェクト推進班コーディネーター

松村 洋史 様

伯耆町におけるリサイクルシステム導入成果と展望

鳥取県伯耆町 町長

森安 保 様

紙おむつ普及に伴う当院での使用実態

医療法人渓仁会定山渓病院
経営管理部サプライサービス課 課長

齊藤 秀樹 様

パネルディスカッション コーディネーター

北海道大学 名誉教授 農学博士
北海道循環資源利用促進協議会 循環資源活用部会 部会長

松田 從三 先生

ごあいさつ シンポジウム開催の趣旨

王子ネピア株式会社 社長

清水 紀暁

紙おむつごみ問題の現状と今後

王子ネピア株式会社 顧問(現参事)

須東 亮一

【と き】2016年3月24日(木)

  • 開場 13:00/受付開始
  • 1部 13:30~16:10/講演
  • 2部 16:30~17:20/パネルディスカッション
  • 懇親会 17:30~19:30(希望者参加/会費3,000円)

【ところ】かでる2.7 北海道立道民活動センター/820研修室

北海道札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル
懇親会会場 エルム札幌/2階ライラック